『パニック障害 社交不安障害 強迫性障害』 克服体験情報!!

社交不安障害(SAD)とは 極度の《強い緊張&強い不安》は克服できる!!

極度の強い不安や強い緊張で疲れ切っていませんか?(>_<) 

・極度の人見知りで悩んでませんか?

・極度の人見知りは治らない、克服できない・・・と諦めていませんか?

・あがり症(隠れあがり症)で悩んでいませんか?
 
・この先ずっと不安や緊張、そして孤独と戦い続けますか?

・不安や緊張を克服して楽しい毎日を送りたくないですか?

・人前で普通に話せるようになりたくないですか?

・気の合う友達を作りたくないですか?

大丈夫ですよ!!
私もね、子供のころから極度の人見知りで・・・そしてあがり症(隠れあがり症)でした。
人前が凄く凄く怖くて、手足が震え、赤面や動悸、吐き気やお腹が痛くなることも頻繁でした(>_<)  

子供の頃は友達もできなくて、いじめにもあいました。

でもね!!
克服した今は、友達もできて、超苦手だった面接もクリアでき、職にも就くことも出来ました(*^-^*)

まだまだ、100%人見知り克服!!とは言えませんが(^^;)

●人前に出ても震えたり赤面することがなくなりました。
(苦手なタイプの人の前だけは、少しドキドキはします(^^;))

●友達とお食事も出来るようになりました!!
(恥ずかしいという気持ちはありますが、お箸を持つ手が震えることはなくなりました)

●人の顔を見てお話し出来るようになりました。
(異性は、まだ少しだけ緊張しますが、以前のように震えることはなくなりました)

●社交不安障害を克服して社会復帰しました(派遣社員)
(最初の頃は、面接で何を話すのかと考えただけで、震えてきて頭が真っ白になって、お腹が痛くなって面接をドタキャンすることもありましたが(^^;))

克服できたことは、まだまだいっぱいありますが・・・

・何よりうれしいのは、気の合う友達ができたこと!(^^)!

このサイトは
《社交不安障害 パニック障害 強迫性障害》を克服した私の体験談や行動療法、愛用していたお役立ちグッズなんかも紹介していきます(*^^*)

同じ悩みを持つ社交不安障害の方のお役に立てればうれしく思います(^^)v

社交不安障害(SAD 社交不安症)とセロトニン

社交不安障害(SAD 社交不安症)は
「セロトニン(不安や緊張を安定させる働きをもつ脳内の神経伝達物質)」が不足(分泌の低下)していることがわかっています。

私の場合、
社交不安障害とパニック障害と強迫性障害との併発で、通院しているときにセロトニンを増やす《SSRI》という薬を処方されました。
(医師からパニック障害と社交不安障害と強迫性障害の全てに効くとの説明がありました)

確かに
《SSRI》を飲むと緊張は和らぎ落ち着いた感じはあったのですが・・・

副作用で体重が増え続けたり、吐き気が酷くなってしまい薬が怖くなってしまったのです(>_<)

そこで、
セロトニンを増やすサプリメントを試しました。
副作用がないので毎日続けられてます。

・ドリンクタイプ
・カプセルタイプ
・錠剤タイプ

いろんなタイプが出てるので
私のように、薬嫌いや病院が苦手な方は、セロトニンを増やすサプリメントはいかがでしょうか?
ご自分が続けやすいタイプのものを試されると良いと思います。

私もたくさん試した中で「セロトニン♪ベスト3」を決めて、キャンペーンで安くなってる物を買ったりしてます(^^)

そして
同じ飲むなら、セロトニンを増やすためだけじゃなく、健康と美容にもたっぷり貢献してくれる商品を選んでます(^^)v

私のお気に入りセロトニンのサプリメントは
   ↓↓↓

社交不安障害を克服するための
《セロトニンサプリ》比較ベスト3

セロトニンの減少が社交不安障害(SAD 社交不安症)に影響を及ぼしていることが明らかになった最近では、セロトニンを増やすことが社交不安障害の治療に役立つことを、メディア(テレビ・専門誌)などでも取り上げられることが多くなってきましたね(‘ω’)ノ

社交不安障害(Social Anxiety Disorder: SAD)とは・・・

社交不安障害は、 人と話すこと、人に見られること、注目の的となるのが怖い(>_<)。

私の場合
・電話をかけたり受けたりするのに緊張する (誰かに見られているときは更に)

・人と食事をすると緊張する(特に異性)

・役所などで見られながら字を書くと緊張で手が震える

・参観日や子供の行事に行くことも緊張する

・会議などで意見を言ったり、発表するのが怖い

・多くの人の前で話すこと、もちろんカラオケも苦手

書くときりがないです(>_<)・・・

誰しも
自分がこのような状況に置かれたり、このような状況を想像した時に「緊張」や「不安」を感じることは経験あると思いますが・・・

社交不安障害(SAD)は
このような状況おかれた時に、極度の「強い緊張」や「強い不安」から次のような症状が現れます。

・顔が赤くなる
・息が苦しくなる
・手足が震える  
・動悸がする 
・声が出なくなる 
・大量の汗をかく
・トイレに頻繁に行きたくなる・・・等

私の場合、腹痛や吐き気もありました。

そして
このような状況を「避ける」ことにより、毎日の生活や仕事に支障をきたす病気なのです。

社交不安障害の特徴

社交不安障害は
自分が人前で、おかしな事や失敗をするのではないかという「強い不安」を抱きます。

また
それを人に気づかれる事を避けるために、不安の元である、それらの状況を避けようとします。

例えば
・会話をしている時に声が震えたり、 顔が引きつったりしている事を、人に気付かれて恥ずかしい思いをするのでは??と考え、強く不安になる。

・極度の強い緊張で、手が震えていることを気づかれて恥ずかしい思いをするのでは??と強く不安になり、人がいるところでの食事や、字を書くことを避ける。

社交不安障害(SAD)は稀な病気?

社交不安障害(SAD)は
以前には「稀な病気」と言われおりましたが、現在では社交不安障害(SAD)は決して「稀な病気ではない」と認識されるようになりました。 10代〜20代で発病することが多く、男性よ り女性のほうが多いと言われています。

社交不安障害の治療法

SADの治療法には薬物療法と認知行動療法の2つがあります。

◆薬物療法◆
抗不安薬と抗鬱薬とを併用して処方される場合が多いです。

◆認知行動療法◆
恐怖を感じる場面に直面した時に感じる不安感を自分自身でコントロールできるようにする療法です。
副作用はありませんが患者本人の努力が必要です。 
薬嫌いの私は、セロトニンサプリと行動療法をメインに社交不安障害を克服しました。

人前で話すのが怖かった私の目標は、
「人前でも普通に話すことが出来るようになる!!」・・・ことでした。

私が行動療法の一歩として使った教材です ↓↓↓ 参考までに(*^-^*)

3つのプロセスで貴方の話し方は劇的に変化!!

人見知りで内気な方々、約650人から支持されている
《どんな場面でも応用できる会話テクニック》を動画でわかりやすく解説しています。
   ↓↓↓
 (限定特典付き) ~話し方動画解説マニュアル~Universal Communication

なんと・・・!!
「マニュアルが自分に合わない」又は「やっぱり信じることが出来ない」と感じた時は

ご購入日から180日以内であれば
マニュアル代金19,800円を全額返金してくれます(*^^)v


こんな貴方におススメ
・周りの評価が極度に気になってしまう。
・嫌われるのが怖いため言いたいことを言えない。
・仲良くしたいのに自分から壁を作ってしまう。

バージョンアップ編として、こんなこともしました(*^-^*)
↓↓↓

【パニック障害・社交不安障害だった私が克服し、人前でセミナー講師 ができるようになったノウハウ】

おかげさまで、今は、就職支援のアドバイザーとして派遣で働いています(^^)v