『パニック障害 社交不安障害 強迫性障害』 克服体験情報!!

縁起の悪い事や場所、数字「4」や「9」を避ける縁起恐怖を克服

強迫性障害(強迫神経症の)の症状のひとつに、縁起恐怖(縁起強迫)があります。

私の場合は、縁起の悪い『数字(4や9)』『言葉』『場所』を避けるようにしてました。

縁起の悪い数字や言葉を使ったり、縁起の悪い場所に行くと縁起の悪いことが起こるかもしれないという思いで頭がいっぱいになり(強迫観念)そのため縁起の悪い数字や言葉、場所を避けるようにしたり、もしうっかり使っってしまった場合には、縁起が悪いことが起こらないように自分なりの儀式(強迫行為)をして心を落ち着かせてました。

強迫性障害(強迫神経症OCD)を克服した今は、その時の儀式をしている光景を思い出し、大変だったなぁ〜と苦笑いしています(^^;)

強迫性障害 克服前の私・・・縁起恐怖『数字編』

強迫性障害(強迫神経症OCD)克服前の私は、あらゆる場面で、常に数を数えていました。

そこで「4」や「9」などの数字を縁起の悪い数字を感じ、避けるようにしてました。

例えば
本を読んでいて意味が分からなくて読み返す時、4回読み返すのであれば5回読み返します。

パソコンを入力していて、スペースやバックスペースを使う時にも「4」や「9」を避けるように調整します。「4個スペースを入れる」のであれば、5個スペースを入れます。「9文字」バックスペースで消す場合は、あえてもう一文字入力してから合計10文字消すようにしてみたり・・・

食べ物を何等分かにするときも4つに分けるのは避けるようにしてました。1本のカステラ等を切るときにも、5つに分ける場合は包丁で4回カットすることになるので、6つに分けます(^^;)
そうすると5回カットとなりますので安心できたのです。

手洗いをしていても数を数えてしまいます。4回や9回こすり洗いをするのを避けるように10回にします。 ただ10という数字に悪いイメージ(10日に事故にあったなど・・・)が生じてしまった場合には「10」も避けなければならなくなり、大変なことになってしまってました。(>_<)

まぁ例えで10回と書きましたが10回で終わることは・・・まず無いです(^^;)

数えながら手洗いしてる時に誰かに話しかけられると・・・また一から数えなおしになりますから、マジ疲れちゃうんです(/ω\)

強迫性障害 克服前の私・・・縁起恐怖『言葉編』

誰かと会話をしている時に、私から縁起の悪い言葉を発することはなかったです。

必要に駆られて、縁起の悪い言葉が出た時には、縁起の良い言葉で終わるようにしてました。

突然誰かが縁起の悪い言葉を発してきた時にも。縁起の良い内容に切り替えて会話を終わるようにしてました。

リアクションの大きい友達に、縁起の悪い言葉を言われながら、私の方を指さされた時には、どうしようもなく払しょくしたい衝動に駆られ、意味もなく息を体の中から全部吐き出すようにしてました。

客観的に見てたら、滑稽すぎて、びっくりしますよね((+_+))

縁起の悪いイメージや不幸なことのあった人の顔、「4」や「9」の数字などが、頭のなかに浮かんでくる時があります。このような場合は縁起の良いイメージや人の顔を思い浮かべたり、縁起の良い数字を想像したり数えなおしたりします。

強迫性障害 克服前の私・・・縁起恐怖『場所編』

事故があったり、縁起の悪いことがあった場所に対して、過剰に縁起を意識してしまい、その道を通ることができず避けるように遠回りしてました。

「縁起恐怖」にも随分悩まされました。

強迫性障害 克服前の私・・・「おまけ編」

字を書いている時や、着替えている時、ドアを開けて中に入る時などに
不幸なことを思い出したり想像したり考えてしまった場合には、もう一度書き直したり、着替えなおしたり、ドアから一旦外に出て、もう一度入り直してました。

不幸なことを思い出したり、想像しても何も起こったりしないことは分かっています。
そんなことで不幸になんて、ならないことも分かっています。
やり直したからといって、何も意味がないことも分かっています。

そんなことは重々分かっているのです。
それでも、やり直してしまうのです。

やり直さないとずっと気になったまま一日を過ごしたり、
もしくは、やっぱり、やり直そう!!・・・って、結局はやり直すことになるのです。

そんなこと気にならなく なりたい・・・

セロトニンを増やす~強迫性障害を改善~

強迫性障害の治療では、セロトニンを増やす為の薬(SSRI)の処方が、殆どではないでしょうか?

副作用が出ないようでしたら、症状が改善しているか等を医師と相談しながら飲んで下さいませ(^^)。

私の場合、残念なことですが
副作用(体重増加と酷い吐き気)で、続けることが困難でした(/_;)。

私と同様に
薬の副作用が辛い過ぎる!!又は、薬に頼るのは嫌!!・・・って方は、こちらもご覧下さい(^^)
↓↓↓

《セロトニンを増やすサプリメントを比較&批判してみた(^.^)》